写真の撮り方のヒント

写真がうまく撮れない!と悩んでいる人がやってしまいがちな失敗事例

写真 影

こんにちは、森川ゆみ子です。

せっかく写真を撮っても思うようにならない。写真の撮り方を教えて欲しい。と思う時、こんな悩みはありませんか?

ハンドメイド作家メイドちゃん
ハンドメイド作家メイドちゃん
なんだか私の写真とっても暗いんです!

ゆみ子
ゆみ子
どれどれどんな風になるのかな?


今日はよく見かける悲しい失敗事例について書きます。

暗い原因は必ずどこかにある

ハンドメイド作品の販売サイトの写真やメルカリなどのネットオークションで様々な商品写真を目にします。

中にはとても綺麗に撮っているものもあるし私も参考にしたくなる、真似したくなるような写真もあるのですが、時々目に止まる勿体無い写真!

例えば

ハンドメイド 写真
ゆみ子
ゆみ子
全体的に影になってしまいましたね(汗)

撮り直してみても

ハンドメイド 写真
ゆみ子
ゆみ子
あれ?今度は反対に!(汗)

この影の正体は撮影の時にしっかり気がついていればカバーできます。

光の向き 写真
ハンドメイド作家メイドちゃん
ハンドメイド作家メイドちゃん
そうか!お部屋の蛍光灯が影の原因だったんだ!!

光源がどこにあるかを知ることが上達への近道

影が入って見苦しい。
影になってしまうことで撮影対象が適正露出(ちょうどいい明るさ)ではない。

これでは悲しいですね。解消するためには光源がどこにあるのかを常に意識しておくことが大切です。

蛍光灯や、タングステン光など室内光であっても、窓辺の日の光であっても、どこが光源で、どちら向きに差し込んでいるのかがわかっていると、どうして写真が暗くなってしまうのかがわかり始めます。

光の向きが理解しやすいのは窓辺

明るさ暗さがおかしなことになってきた!
どうして私の写真には変な影が出るの!

悩んだ時には日中に一度撮影してみてください。ご自宅や撮影する場所の光の入る窓の近くに撮りたいものを移動して、じっくり観察してみると光と影の関係性がわかるようになります。

ここで気をつけておきたいのは、デジタルカメラだからたくさん撮っておけばいいかな?

と安易に考えないこと!

うまくなるためにはじっくり光について観察することが重要です。ひとつひとつを意識できるようになると途端に写真は上達し始めます。

ハンドメイド 写真
ゆみ子
ゆみ子
窓辺で観察してみると、先ほどのブレスレットもとても透明感があることがわかってきます。


さらに、日中の光で光源と影の理解が深まると、自然と室内光での撮影でも光の向きがあるのだと理解しやすいものです。

まとめ

影が入って写真が暗くなってしまう時は、まず撮影したいものと、カメラ位置に対して主な光源がどこにあるのかをしっかり認識することが大切です。光がカメラの後ろにあったら影ができてしまうという単純だけど見落としてしまいがちな仕組みを理解して、対応策を工夫してみましょう。

光の向きを理解するのには、日中の窓辺で撮影したいものを観察してみるとわかりやすいです。

 

ABOUT ME
アバター
森川ゆみ子
写真家 カメラマン セミナー講師 ラジオパーソナリティー。 魅力を引き出し、売り上げにつなげる写真を撮ります。ネットでの魅せ方や売るための撮り方についてのレッスンも開講しています。
無料プレゼント 小冊子【5つの撮影テクニック】

無料冊子

スマホでも出来る売り上げを伸ばす5つの撮影テクニックがわかる冊子をプレゼント

『ウエブショップの売り上げを伸ばす!撮影テクニック講座』を同時にプレゼント